SALACIA  OBLONGA  TEA
​アーユル茶
サラシアとは
サラシアとはインド・スリランカから東南アジアにかけて広く分布する植物で、古くからアーユルヴェーダー(民間療法)にて糖尿や肥満の治療に用いられてきました。
​このサラシアを研究・分析したところ、サラシアに含まれる成分には、多糖を分解する酵素「a-グルコシダーゼ」を阻害する作用を示すことが確認され、麦芽糖とショ糖投与による血糖値上昇抑制効果が確認されています。また、抗肥満作用や肝保護作用も確認されています。
サラシアの有用成分DASDES
​サラシアには二糖類以上の糖を分解する「a-グルコシダーゼ」という酵素の働きを阻害します。a-グルコシダーゼ阻害作用を生み出しているのはサラシノール(別名:ダスデス)というサラシア特有の成分で、日本・アメリカにおいて特許を取得しています。
サラシア茶のパワー
糖の吸収を
ブロック
食後の血糖
コントロール
善玉菌が増え、
体内環境が整う
食事で摂取したご飯などの炭水化物や甘いものは、だ液中の酵素によって多糖類(オリゴ糖など)に分解され、さらに小腸にある酵素(a-グルコシダーゼ)によってブドウ糖に分解されて吸収されます。
a-グルコシダーゼとは:糖を分解する消化酵素のひとつで2つ以上の糖(オリゴ糖など)をブドウ糖に分解します。このa-グルコシダーゼが活発に働くと、ブドウ糖が増え、食後の急激な血糖値の上昇を招きます。
脂肪燃焼を促す効果
サラシアは腸で脂肪代謝酵素を阻害し脂肪の吸収を抑える働きがあります。また体内の脂肪細胞に溜まっている脂肪の分解を促す働きも報告されていて脂肪燃焼の効果が期待されます。
●糖尿病を予防する効果
サラシアは、食べ物に含まれる糖分を分解しブドウ糖にする小腸内の酵素の働きを阻害して、余分な糖分が吸収されないようにします。
ブドウ糖が腸管から吸収されて血液中に入ると、細胞への取り込みを促したり、余分なブドウ糖を体脂肪として蓄積するように働くインスリンが放出されます。食べ過ぎや糖質の取り過ぎはインスリンの処理能力に大きな負担をかけて過度の肥満や血糖値のコントロールを失わせることから、糖尿病を引き起こす原因になります。
サラシアには、糖質をブドウ糖に分解する酵素の働きを抑え、糖尿病を防ぐことが大いに期待されます。
​食膳に摂取すると良く、糖分の吸収を抑えてくれるので食後の血糖値上昇を防ぐために有効であると言えます。
●美肌効果
腸内環境は肌に大きく影響するといわれています。
サラシアを摂取することで腸内環境が悪い原因となる悪玉菌を減らして便通を整え、肌トラブル改善につながります。
また、活性酸素もシミやしわの原因になりますがサラシアに含まれる抗酸化成分が活性酸素をすみやかに消去し肌のサビつきをブロックします。
​そのため腸内環境の改善とともにサラシア自体の抗酸化作用で美肌効果が期待されます。

SOB株式会社 〒107-0052東京都港区赤坂6-5-28ヴェルディ赤坂2F PHONE:03-5572-0851 FAX:03-5572-0852

Copyright(c)2009.SOB. All Rights Reserved.